くすりのPoint
くすりづくりの工夫
持田製薬株式会社

持田製薬の特徴ある製剤

GEMTAB®技術で飲みやすい粒状錠
嚥下しやすさを追求した次世代型製剤

ゲル化する技術「GEMTAB®」とは

「GEMTAB®(ジェムタブ)」は、唾液や水分でゲル化する増粘剤を錠剤表面にコーティングする技術です。
表面のゲル化により、滑りやすさと錠剤同士の適度なまとまりやすさを両立させ、服用量の多い薬剤を嚥下しやすくします。
また、ゲル化コーティングの内側にもコーティングすることで、苦みをマスキングしました。

GEMTAB<sup>®</sup>を用いた構造
ゲル化の推移

「GEMTAB®」を用いた錠剤の滑り性の評価

脱脂綿で栓をしたシリコンチューブ内に詰めた、水分を含んだ粒状錠(20錠)を動かす際に、4.0㎜/秒で動くプローブにかかる応力を測定したところ、「GEMTAB®(ジェムタブ)」により製造された錠剤は13.3g重と粒状錠素錠の283.9g重に比べ少ない応力で動くことが確認されました。


「GEMTAB<sup>®</sup>」を用いた錠剤の滑り性の評価

「GEMTAB®」を用いた錠剤の苦みマスク性の評価

粒状錠に37℃に加温した水を1分間滴下し、シリンジからチューブ内に流出するアセトアミノフェン溶出濃度を吸光度法で測定したところ、「GEMTAB®」により製造された錠剤における溶出濃度は、0.01mg/mLと苦味域値の約1/100であり、苦味を感じさせにくいことが確認されました。


「GEMTAB<sup>®</sup>」を用いた錠剤の苦みマスク性の評価

GEMTAB®紹介動画

「GEMTAB®(ジェムタブ)」技術について動画で具体的に解説しています。

GEMTAB<sup>®</sup>紹介動画

GEMTAB®関連製品情報

レボフロキサシン粒状錠「モチダ」

レボフロキサシン粒状錠「モチダ」の詳細は添付文書をご参照ください。


バラシクロビル粒状錠「モチダ」

バラシクロビル粒状錠「モチダ」の詳細は添付文書をご参照ください。

戻る