くすりのPoint|緑内障治療情報提供サイト

グラナテック 適正使用情報

充血にご注意ください

 ・多くの方で点眼後まもなく目が赤くなります。(充血)
 ・通常、この充血は1~2時間でもとに戻ります。


グラナテックの主な副作用として結膜充血があります

 グラナテックによる結膜充血はこの薬剤の血管拡張作用によるものと考えられ、点眼のたびに繰り返し起こりますが、点眼後1~2時間で消失します。充血の程度には個人差がありますが、多くの場合自覚症状はありません。
 充血が起こることを知らずに点眼して驚いた患者さんが自己判断で点眼を中断するおそれがありますので、初めてグラナテックを処方される患者さんには充血が起こることを必ずお伝えください。


外観上の問題を気にされる患者さんには、外出予定にあわせた点眼方法などをご指導ください。ただし、以下のような場合はアレルギーや別の疾患である可能性がありますので、患者さんに注意喚起をお願い致します。

 長期投与試験において、眼瞼炎(アレルギー性を含む)、結膜炎(アレルギー性を含む)の頻度が増加する傾向が認められています。承認時までにみられた眼瞼炎、結膜炎の主な症状は眼瞼の発赤やかゆみなどでした。本剤投与中にこれらの所見がみられた場合は、グラナテックの休薬または中止を含めた適切な処置を行ってください。これらの副作用の発生を予防するため、正しい点眼方法をご指導いただきますようお願い致します。