くすりのPoint|緑内障治療情報提供サイト

疾患関連情報

緑内障とはどんな病気?

 カメラのフィルムにあたる網膜には、脳への映像を送る視神経が一面にはりめぐらされています。
 緑内障は視神経のはたらきが眼圧や眼血流の低下などで障害され、視野(見える範囲)が徐々に欠けていく病気です。初期の段階では、視野の一部に見えない所が出てきても、2つの眼でお互いの視野をカバーしてしまうため、自覚症状はほとんどありません。



 緑内障は、中途失明原因※のなかで最も多い疾患です。
 一度失った視野を取り戻すことは難しく、何よりも早期発見、早期治療が非常に重要になります。
 ※身体障害者手帳申請時の調査による




日本人に多い緑内障 ~正常眼圧緑内障(NTG)~

 緑内障になる主な原因は眼圧が正常範囲より高くなり、視神経が障害されるためといわれています。
 しかし、近年の疫学調査で眼圧が正常範囲にあるにもかかわらず、視神経の障害や視野欠損がおこる正常眼圧緑内障(NTG:Normal Tension Glaucoma)が日本人にもっとも多い緑内障であることが分かっています。




早期発見と適切な治療

 緑内障の治療は眼圧を下げる点眼薬による治療が中心に行われます。
 緑内障の患者さんを対象にした試験からも、視野障害の進行を抑制するためには、眼圧をより低くすることが有効であることがわかりました。病気の進行を遅らせるためにも、主治医の指導のもと、根気よく治療を続けることが大切になります。